リスティング広告の経理処理

■質問

来年から青色申告(簡易簿記)しようと思っています。

預金出納帳の記帳は必要ないとも聞きますが、弥生のソフトを購入したのでやろうと思っているんですが、記帳の仕方が分からないのがあります。

リスティング広告(オーバーチュア)なんですが、最初に多めに広告費を振込み、その金額から実際にかかった毎日の広告費が引かれていくんですが、

オーバーチュアのHPから領収書を印刷すると【6月分の追加入金額】と【6月分のクリック料金(消費税込み)】などとありますが、どちらを経費とすればいいんですか?

振り込んだ金額と実際の1ヶ月のクリック料・・・
振り込んだ金額だと、領収書には振り込み日は書かれていません。

クリック料だと預金出納帳で経費として振込み金額を記入して、経費帳では一ヶ月のクリック料を記入ですか?

どう記入すればいいかわかりません。
初心者質問で恐縮ですが教えていただけませんか?

■回答

オーバーチュアによるリスティング広告ですね。

ヤフーで検索すると、そのキーワードにマッチした広告が表示され、クリックされたときに課金されるやつ。

あれにはまると、SEOがあほらしくなることがあります。
(すみません、言い過ぎました)

で、あの経理処理ですが、ちょっと面倒ですね。

この方の場合、青色申告の簡易簿記を適用してます。
10万円控除の現金主義、つまりお金の出入りで経費を把握する方法ですね。
 
 
簡易簿記、ということであれば、実際の現金の流れを基準に考えればいいので、多めに振り込んだ時点での振り込み金額を、そのまま経費(広告費)とすればいいと思います。
 
 
日付は、実際に支払った日を使ってください。

振込であれば、通帳のコピー、
カード支払であれば、カード利用の明細、

これらが支払の証拠になります。
 
 
 
ちなみに、発生主義という高度な経理処理となると(65万円控除を狙うなら)、

実際のお金の流れではなく、実際の広告効果に見合う金額を、経費とする必要があります。

一度、振り込んだときに、 (10000円と仮定)
 
 
(借方)広告費 10000   (貸方)現金 10000
 
 
のような処理をしておき
(この時点では、広告費はまだ確定していませんね)、
 
 
あとで、8000円のクリック料金が確定し、年末を迎えた、とすると、
 
 
年末の日付にて
 
 
(借方)前払費用 2000   (貸方)広告費 2000
 
 
という、修正仕訳をいれるのです。
結果として、広告費が8000円計上することになります。
 
 
最後の仕訳は、「決算修正仕訳」と言われるもので、おそらくソフトの説明にもあると思います。

1月になったら、逆の仕訳を入れればOKです。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2