公認会計士

公認会計士の資格情報を紹介します。

公認会計士(こうにんかいけいし)は、国家資格などにより監査及び会計処理を認められた専門職種。監査、会計対象の企業から独立していることに特徴がある。

日本国においては、公認会計士や弁護士が税務を行う場合は税理士の名をもって税務を行うこととされるが、公認会計士のその職務には税務が本質的に内包されている。

アメリカ合衆国においてはCertified Public Accountant (CPA)、イギリスおよびカナダにおいては、英国勅許公認会計士 (ACCA)、Chartered Accountant (CA)、カナダではCertified Management AccountantもしくはCertified General Accountant、日本では公認会計士と呼ばれる。

■公認会計士試験

公認会計士は国家資格であり、資格を得るには金融庁・公認会計士・監査審査会の実施する国家試験に合格しなければならない。公認会計士試験は、企業会計、税務、そして監査まで行うことができるかという資質を図るのみならず、国民経済の根幹を担うものとしての高い倫理性、能力、質を図るという適正性までを図るものである。このため、試験の難易度は司法試験に次ぐ非常に難易度の高いものとなっており、公認会計士の質が確保されている。

試験の内容は、適正性までを問うものであるため、倫理や法律、学術上議論の対象となっている事象、国民経済に対する理解等に関しての論文を試験場でかかせるようなものとなっている。このため暗記のみで資質を証明するだけでは合格することは困難な内容となっている

その難易度は司法試験、医師試験などと並んで非常に高いといわれる。これらの国家試験を総称して三大国家試験とよばれることがある。 又、司法試験、国家公務員一種試験と合わせて、又は、司法試験、不動産鑑定士試験とあわせて(文系)三大国家試験とよばれることもある。

(以上、Wikippediaより)

公認会計士の独占業務として、監査業務があります。
これは税理士はできません。

また、公認会計士の資格を持つ人は、税理士業務もできるため、税理士より上位に位置する資格ともいえます。

また、試験も相当難しく、これにパスするために大学生活のほとんどを勉学にささげる人も少なくありません。
しかし、それだけの犠牲を払っても、この資格を得ることで得られるものは大きいようです。

TACや大原などの専門学校が、合格者数においては実績を出しています。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2