日商簿記(日本商工会議所主催簿記検定)

日商簿記検定の資格情報を紹介します。

日商簿記は、日本で一番メジャーな簿記の資格です。

3級から1級まであり、1級はかなり難関試験です。

各級の内容を簡単に説明します。
(東京商工会議所のサイトを参考にしています)
 
 
3級
財務担当者に必須の基本知識が身につき、商店、中小企業の経理事務に役立つ。経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになる。営業、管理部門に必要な知識として評価する企業が増えている。
 
 
2級
高校程度の商業簿記および工業簿記(初歩的な原価計算を含む)を修得している。財務諸表を読む力がつき、企業の経営状況を把握できる。相手の経営状況もわかるので、株式会社の経営管理に役立つ。
2級以上の合格者は
大学等の推薦入学に有利です。
 
 
1級
税理士、公認会計士などの国家試験の登竜門。大学程度の商業簿記、工業簿記、原価計算ならびに会計学を修得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができる。
1級の合格者は
税理士の受験資格が与えられます。
 
 
 
実際、経理実務をするのであれば、3級で十分です。
2級あれば、文句なしです。
1級は、経理部門で働く人でも、そうそう取得者はいません。
これを取得している人は、相当の努力をした証明でもありますし、それなりの処遇も期待できます。
税理士受験資格を自動的にもらえたり、大学受験が免除されたり、という特典もあるようです。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2