会社にばれない方法 住民税の普通徴収

会社員をしながら、副業をしている方のための、副業が会社にばれないための方法です。

会社に副業がばれる可能性はゼロではありませんが、ゼロに近くする方法があります。
確定申告の際、住民税の支払を「普通徴収」にするのです。


通常、住民税は、前年の全所得に関して、各市町村におさめる分を、給与から天引きします。住民税の支払方法を「特別徴収」にしているケースです。
通常の給与レベルに見合わないほどの住民税があると、給与計算部署では

 「おかしい、さては副業しているな」

となるわけです。

しかし、副業分にかかる所得に関する住民税を「普通徴収」とすることで会社にはその分の情報は行きません。その代わり、その住民税に関しては、自分で支払う必要が生じます。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2