2億7千万円の振込ミス

ジャパンネット銀行の口座に、90万円ほど振り込まれていました。
ドッキリですか?これ。

■JANet の振込みミス
 
 
「株式会社アドウェイズ JANet事業部の●●と申します」
 
 
そんな電話が土曜日に何度もかかってきました。留守中に。
そういえば、金曜日には、JANetからのアフィリ報酬が
振り込まれていたっけ。
 
 
たしか報酬金額は、10月分の6千円(しょぼっ)。
 
 
それに対し、振り込まれてきたのは、90万円以上。
 
 
 
あら〜、やっちゃったのね。


月曜日には、配達記録郵便で、書面が届きました。
22日までに、手数料を差し引いて、過入金額を戻してください

とのこと。
 
 
 
 
 
■総額、約2億7千万円のミス

JANetは、アドウェイズという会社が運営しています。
確か、今年上場しましたね。
(IPO逃しました)

アドウェイズのIR(インベスターズリレーション、つまり株主への公告)から、この振込みミスのことがHP上で発表されました。
 
 
これによると、

入金不足額は 1億3千7百万円
入金超過額は 1億3千2百万円
 
 
あわせると2億6千9百万円!!!
 
 
 
 
90万円もらえるはずだったのに、6千円しか振り込まれなかった。
 
 
とか、
 
 
6千円の振込みのはずが、90万円ももらっちゃた(私のケース)。
 
 
のような事件が、全国のJANetアフィリエイターに大量発生しちゃったようです。
 
 
さて、あなただったらどうする?
 
 
 
 
──────────────────────────────
■モラルの問題、経理の問題
 
 
まぁ、JANetも大変なわけです。

手続きの問題だったのか、プログラムの問題なのか、原因ははっきりとわかりませんが、JANetの管理体制は厳しく改善が求められるでしょう。

上場企業でもありますから、そのあたりはしっかりしてもらわないといけません。
 
 
さて、こんなケースに遭遇したら、どう考えますか?
 
 
【入金不足の人】
 なんてことだ、とんでもねぇ。
 はやく不足額を利子つけて振り込めよ、まったく。。

 → その気持ちはわかるし、当然です。
   今回は、すぐに不足額は正しく振り込まれたようです。
   迷惑がかかった人には、後日なにかを送ってくれるようです。

 このあたりで許してあげましょうよ。
 
 
 
【入金超過の人】
 ラッキー! ボーナスだ! 豪遊しよう。
 あ、でもメールと電話と手紙で通知がくるぞ。 
 知らずに使ったことにしてしまえ!
 電話にもでない。 手紙は受け取らない。
 これで知らなかったことになる。 
 
 返金?そんなかったるいことしてられねーよ。
 だって悪いのはJANetだろ?
 俺は悪くねーよ。
 

 → その気持ち、わからんでもないです。
   でも、返しましょう。
   振込みミスはJANetに原因がありますが、
   そのミスを通知しているのに知らぬフリをすると、犯罪
   になりますよ。

   これはモラルの問題です。
   返してあげましょう。
 
 
  
■もらいすぎた人の経理処理
 
 
さて、もらいすぎた人、経理処理を考えてみてください。
しっかりと口座にはありえない金額の入金があります。
これは動かぬ証拠です。

これを、きれいにJANetに戻してあげないと、意味不明な入金額が帳簿に残ることになります。

さて、この意味不明な入金額、何の勘定で処理しますか?
将来税務署に問い詰められた場合、なんと答えますか?


また、JANet側には、誰にいくら払いすぎたかは管理されています。

いくらJANetが悪いとはいえ、もらいすぎたお金を故意に返金しなければ、詐欺になります。
さらに、そのお金の動きは税務署が見ようと思えばガラス張りです(おそらく)。
 
  
というわけで、返してあげてください。
これは、モラルの問題、経理の問題のみならず、今後も友好な関係をJANetと築いていくためにも、必要なことです。
 
 
 
 
■仕訳例

10月が終わり、その月の報酬が6千円と確定。
これを、売掛金として借方に計上していた。
 
 
12/15 JANetから入金があった。6千円の報酬なのに、
    なぜか90万円間違って振り込まれた。

(借方)現金預金 900,000円 (貸方)売掛金  6,000円
              (貸方)未払金 894,000円
 
 
12/22 JANetから通知があり、過入金分の金額を戻した。

(借方)未払金  894,000円 (貸方)現金預金 894,000円
 
 
 
未払金でなければならないって事はないです。
他の勘定でも構いません。
結局は、バランスが消えますんで。

──────────────────────────────
■後日談


JANet担当者と電話で話しましたが、よほど大変のようです。
金曜日の朝に振込みがされ、その日からずっと全国のアフィリエイターに電話かけまくっていたようです。

おそらく社員総動員でやったんでしょうね。
 
 
入金超過額が1億3千万円ですが、これ、全額の回収は難しいでしょうね。

あと、振り込み手数料も負担するわけなので、相当な損害になるのではないでしょうか。
 
 
 
    アドウェイズの株はガクンと下がるのかな?
 
 
 
と思っていたら、それほどでもない。
 
 
数億円のミスでも、市場は意外と冷静だったり。
結構強いですね、アドウェイズ。
 
 
 
会社間での振り込み金額のミスは時々起こります。
こんなときは、双方とも、正しい処理にしなければ経理上まずいことを知っているので、互いに協力して対処するのが普通です。
 
 
でも、今回の件は、ほとんどが個人のアフィリエイターだと思うのです。
どれだけの人が、入金超過額を戻すんでしょうか。
 
 
というか、どれだけの人が、経理の問題まで理解しているのか、がわかるんでしょうね。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2