白色申告のコツ その3

「白色申告のコツ」 その3

 白色から青色へ変わるとき

■読者さまからメールをいただきました。


ありがとうございます。メールは嬉しいですね。
こんな質問でした。


ここから-----------------------------

> 白色シリーズ、なるほどなぁと読ませていただいてます。
> 私は現在ネットからの収入が平均10万円前後を行ったり
> 来たり。
> 青色にするのはちょっと戸惑いがあります・・・。
> ただ、白色と比較するとメリットが大きいのがよくわかり
> ました。
> 今後、お小遣い稼ぎで終わるのか、もっと本腰を入れるのか
> ということでとても参考になりました。
> 次も楽しみにしています。

ここまで -----------------------------


すごいですね。
月10万円も稼いでいるとは。
これだけでも、稼いでいる1割の人ですね。


こんなメールを返しました。


ここから------------------------------

いつもご購読ありがとうございます。
青色にするタイミングは、「えいやっ」てな感じです。
その気になったときがベストタイミングです。
それまでは、じっくり力を蓄えておけばいいですよ。

ここまで -----------------------------


まぁ、これは自分の時を思い出したので、こんな返答
にしてしまったのですが、よくよく考えると、いくつか
ポイントがあることに気付きました。

というわけで、この点を今回の記事にて、
少し掘り下げてみます。

■白色から青色に変わるタイミング


青色申告になる人のパターンは決まっています。


パターン1

白色申告の個人事業主だったが、青色申告のメリットを
最大限受けたくなったので、年がかわるタイミングで、
青色申告の申請を、3月15日までに行った。


パターン2

個人事業主でもなんでもなかったが、収入が確定申告を必要
とする金額になりそうだったので、個人事業主の開業届けと
同時に、青色申告の申請もした。


ワタクシ、あすきっとは、パターン2です。
ずいぶんと思い切ったことをしたものです。


■判断基準

前にも書きましたが、会社員など、他に収入がある人は、
年間20万円の所得、

専業主婦のように、他に収入のない人は、
年間38万円の所得、

これを超えると、確定申告が必要です。


ただ、収入が少ないうちは、個人事業主にならずに、
しばらくは白色申告のままでもいいわけです。


なんてったって、わずらわしい記帳義務がありません。
経費ごとに領収書をまとめておけばいいのです。

65万円   もしくは   300万円


これらを判断基準にしたらいいでしょう。


300万円を超えると、たとえ白色申告でも記帳義務が
発生します。
どうせ記帳することになるのなら、と、そのタイミング
で青色申告にするのもいいでしょう。

65万円、というのは、青色申告の最大のメリット

  所得控除

の金額そのものです。


ネットからの収入 − 経費 


が、

年間65万円を超えるなら、青色申告だと
所得金額を大幅に減らすことができます。


65万円と300万円の間で、
大いに迷ってください。


メールをいただけたら、相談にのりますよ。


CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2