二足のわらじ

「二足のわらじ」
 
 
 週末起業    だとか、

 自宅で副業    だとか、

 会社にばれずに、  とか、
 
 
アフィリエイトなどのネット・ビジネスを展開している人に
とって、気になる言葉ですよね。
 

よく、二足のわらじ、なんて言葉を聞きますが、これは、会社員としての安定収入をキープしつつ、空いた時間で(週末、とか、平日の夜、とか)ネットで儲ける仕組みをせっせと作る、こんな状況です。
 
 
これからの社会、金利上昇、税率アップ、増大する教育費、など不安要素がいっぱいですから、すこしでも収入を、と考える人が多いのも、納得です。
 
 
実際、私もそんな考えを持っています。
 
 
 
そうして、みんな二足のわらじをはくんですね。
 
 
 
そうして、アフィリエイトの報酬をじわじわっと得はじめると、

多くの人は勘違いというエアーポケットに、すぽっっっっっっ
 
 
   と
 
 
入ってしまいます。
 
 
  
私もそうでした(笑)。
 
 
 
 
   独立起業が見えてきた。

   いつ会社を辞めようかな。

   昼の仕事がかったるいぜ。
 
 
 
 
はっきり言いますが、かなりキケンな状態です。
はやく目を覚まさないといけません。

旦那さんがこんな状態になっていたら、
 
 
     そこの奥さん!
 
 
おめめをぱっちと開かせてあげてください。
 
 
 
 
 
思い出して欲しいのです。
 
 
会社に入った日のことを。
 
 
バリバリ働いて、デキるビジネスマンになったるぜ!
と燃えていたあのころを。  そう、若かりし日を。
 
 
まちがっても、安易に会社を辞めてはいけません。
 
 
どれだけ会社があなたに目に見えない給料を払っているか。
どれだけ会社から、あなたは知識と経験を得てきたのかを。
 
 
 
会社の恩を忘れてはいけない、なんてキレイ事は言いません。
会社員というステータスは、ある意味すばらしいことなのです。
 
 
 
仮に、年収が500万円のサラリーマンだったら、独立したら
少なくても1000万円程度が見込めないと、厳しいでしょう。
 
 
 
経費になんでも落とせる、だから生活は楽になる、

なーんて考えているとしたら、甘い甘い甘い。

税務署の見解の違いで、そんなことはひっくり返ることもある。
 
 
 
ネットビジネスが副業、と考えているとしたら、それこそ
副業という位置、にしかならないでしょう。未来永劫に。
 
 
やるのならば、会社員も自分のビジネスも、本業です。
本業ならば、どちらも本気で取り組みます。
 
 
どちらかがテキトウになってしまうと、やがてどちらも
 
 
テキトウになってしまうことでしょう。多分。
 
 
そして、独立が出来るそのときのために、
 
 
できるだけ、高く飛び立つためにも、
 
 
膝をぐいと曲げておきましょう。
 
 
体力を静かに蓄えながら、
 
 
そのときを待とう。
 
 
なんか、自分に
 
 
向けて書いて
 
 
いる気が
 
 
する。
 

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2