固定資産と青色申告

「固定資産について」

経理を限りなくラクにする方法として、

「固定資産は持たない。管理が面倒だから」

という考えを、私は持っています。

なので、10万円を超えるモノを買いそうになったら、
鬼のように値切って10万円以下まで勉強してもらおう、

そして、消耗品費というステキな勘定で経費処理しよう

と申し上げてきました。
 
 
どうしても10万円を超えそうなときは、20万円までなら
「少額固定資産」となり、3年にわたって費用にしていく、
という方法もあります。

20万円を超えたら、もう言い訳も他の方法もありません。
覚悟をきめて固定資産をお持ちになってください。
 
 
でも、
 
 
面倒だから、リースにすれば?

と申し上げてきました。
 
 
 
 
ごめんなさい。

私としたことが、、、、

改正された特例の存在を見落としていました。
 
 
 
 30万円なら、一括で経費にできる(青色)。
 
 
 
 
 
 
■青色申告をしている人のメリット
 
 
----言い訳----

だってね、これに似た特例は、今年の3月31日で
終わってたんですよ。

いやー、まさか同じルールが2年も延長されてたなんてねぇ。

----言い訳終わり----
 
 
 
てなわけで、喜んでください。

1つ30万円未満ならば、全額経費です。
おめでとうございます。
高価なパソコン買ってください。
経費で落とせます。
 
 
 青色申告の人ならば。

 という条件付きですが。
 
 
 
白色申告の方:

残念ながら、消耗品費として処理できるのは10万円まで。
20万円までは少額固定資産で3年間の償却。
それ以上だと、固定資産。
 
 
青色申告の方:

30万円までなら、全額経費処理OK。 ←結構でかい
それ以上だと、固定資産。
 
 
 
 
■まとめ

 ・青色申告だと、30万円までは一気に経費に落とせる
 ・白色申告より、青色申告を目指しましょう
 
 
 

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2