現金(げんきん)

■現金とは、お金のことです(あたりまえすぎる)。

現金と同等のものとされる小切手も、現金等価物として、現金、とみなされます。

■現金勘定

普通、「現金預金」のような勘定で処理されます。
つまり、手元にある現金と、銀行に預けてある預金を総称して、経理上ひとつの勘定で処理しているわけです。

この場合の、手元にあるお金のことを、「小口現金」と呼ぶこともあります。

現金勘定をつくる、ということは、手元にキャッシュが常にある、
ということなのです。
これは、非常に大きなストレスです。
 
 
現金がすぐそばにあると、ついつい使ってしまうものです。
なくしたり、盗まれたり、というリスクに付きまとわれます。
 
 
なので、小口現金をもつ会社では、たいていそのための管理者を一
人確保しています。
はっきり言いますが、あほらしいです。
人件費もばかになりません。
 
 
いまどきの会社では、現金そのものを会社には置きません。
当然、小口現金という勘定は、帳簿に存在しないのです。
 
 
あるのは、預金口座、のような勘定です。
現金を使う出費については社員個人が立替え、それを銀行口座振込
みによって会社が個人に払い戻しているのです。
 
 
会社には、現金に触れる人間はいないという仕組みです。
これを、個人事業主の経理にも活かすのです。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2