固定資産(こていしさん)

■固定資産とは?

固定資産とは、土地・建物・償却資産の総称です。

基本的に、10万円以上のもので、ビジネスに使用される資産を買っ
た場合、それは固定資産として計上しなければなりません。
土地だろうが、建物だろうが、パソコンなどの償却資産だろうが、
です。
 
 
土地・建物に関しては、大体わかりますね。
償却資産について説明しましょう。

償却資産とは、測定機器やコンピュータなどの機械装置などの総称
で、年月とともに価値が減っていくようなものです(建物もそうで
すが)。

このような固定資産を取得してしまうと、毎年の価値の減少分を記
帳する必要が出てきます。

買った年に費用とするのではなく、一度資産として計上し、毎年そ
の使用分を費用にしていく方法です。
これを「減価償却」といいます。


■固定資産の管理は大変だ

償却資産に関しては、自分で固定資産台帳を管理し、記帳しなけれ
ばならないのです。
それに加え、その税金の計算と申告も、自分でする必要があります。

はっきり言いますが、この作業はめんどうなのです!
取得することもあれば、廃棄することもあります。
減価償却の途中で売却することもあるでしょう。

その都度記帳するのはやりたくないのです、僕は。
だから固定資産は一切持たんのです。

土地・建物 に関しては、マイホーム購入した人は毎年固定資産税
の納付が義務付けられていますね。
この計算は、各市町村が勝手にやってくれます。

私も、マイホームを買いましたので、固定資産を持っていることに
なります。

でも、これは個人所有のもので、ビジネスのためのものではありま
せん。
あくまでも、個人事業主としての所有物ではありません。


CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2