個人事業主(こじんじぎょうぬし)

個人事業主は、自分でビジネスを始めたばかりの人が、一番初めに考える形態です。

規模が大きくなれば、法人にすることになるでしょうが、やはりはじめは個人事業主です。
税金のことで悩むぐらい稼ぐようになったら、法人成りを考えてもいいでしょう。



税務署に所定の用紙を届け出ることで、誰でも個人事業主になることができます。


実際、サラリーマンの場合給与以外の所得が20万円を超えれば確定申告が必要になりますが、個人事業主として、「ビジネス」をしているとなると、納める税金を少なくすることが可能です。


簡単な例ですが、仮に1年で100万円のアフィリエイト収入があ
り、パソコン通信や関連書籍、セミナー参加費用、取材費、交通費、
交際費、などで35万円の費用がかかったとします。
つまり、手元に残る利益は、65万円。

この場合、個人事業主として登録し、かつ、「青色申告&複式簿記
で記帳」を採用していると、


    支払う税金は、ゼロ円になります。



ですので、自分の稼ぎを確認して、税金面で有利になるとわかったら、個人事業主になりましょう。

個人事業主になるための具体的な手続きは、

個人事業の開業等届出書
青色申告承認申請書

を参考にしてください。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2