MTとコンサル

■本日のテーマ:
 「サイトのリニューアルをMTで」
 「コンサル・ビジネスの可能性」

■サイトをMTで構築するということ

見ていただけるとわかると思いますが、ブログにありがちの日記風にはしていません。
トラバも無しです(コメント欄は一応残していますが)。

一見、ブログには見えないでしょ?

普通のサイトと違うのは、ブログのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を使って、自分でWeb環境があれば、どこにいてもサイトを更新でき、かつ記事の整理(カテゴライズ&リンク貼り)を自動でやってくれる点です。


ブログのテンプレートは以下の3種類に絞ってます。

 トップページ  :記事が増えるたびに更新
 カテゴリページ :カテゴリの数だけ自動生成
 個別ページ   :記事の数だけ自動生成
 


さて、ブログ特有のパーツは主に、

 <$MT○○○○$>とか、(これは変数です)
  〜で囲われた部分

になります。
 
 
これらのパーツを、テンプレートのデザインを崩さないように、テーブルタグで囲われた部分にコピペです。
ホームページ作成ソフトを使って、テーブル構成を見ながらMTのテンプレートに変更を加えていきます。
再構築して出来上がったら、一度そのページを表示させ、ソースを確認し、構文エラーがないかどうかをチェックします。


Dreamwever を使うと簡単にできるみたいですが、持ってないので力技でやっちゃいました。
(2007年4月現在の構成は、有料テンプレートを利用しています)
 
 
と、ここまでくれば、あとは複数のブログに横展開です。
いままで作ってきたデザインダサダサのMTブログサイトも、ナイ
スなデザインに生まれ変わるはずです。
 
 
 
世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZUMD6+8VPWHM+PEG+5YRHF

■コンサル・ビジネスへの応用

最近、にわかにいろんな無料ブログサービスにほころびが出ています。
アドセンスがブログサービスごと使えなくなったり(FC2は復活したらしいが)、サーバーが重かったり、突然自分のブログが削除されたり、、。
やっぱり、無料は怖いですね。
 
 
ここはやっぱり独自ドメインで運用ですね。
そして、MTでサイトを増産。
 
 
 
そして、ビジネスへの飛躍。
 
 
 
つまり、
 
 
 

ほったらかしで更新もされない、ふるーいカビの生えそうなホームページをもっている企業に、
 
 
 「自社で更新できるホームページがあれば、いかがですか」
 
 
と持ちかける。
 
 

まぁ、大手企業はしっかりとサイト管理しているでしょうから、ターゲットは中小企業。
たいていの会社は、2000年前後に、

「これからはインターネットでホームページの時代だ」

などとホームページ作成業者から持ち上げられ、何百万円もかけてフラッシュや音楽がムダに流れる使えないホームページを作らされ、そしてほったらかしになっているんですね。
当然SEO対策なんてなされていない。
 
 
さらに悪いことに、更新をしようとすると、1ページ数万、のように費用がかかるわけです。
これじゃぁ、なかなか更新作業もしたくてもできない。


そこに、MTベースにサイトを改造しましょうよ、と提案するわけです。
これだと、更新作業が自社で簡単にできる。
キレイなサイトが元々あれば、それをMT化するのは難しいことではありません。
 
 
ついでに、SEMコンサルもセットでつけちゃう。
スパイダーというソフトを使えば、リスティング広告に圧倒的な強さを発揮できます。
 
 
スパイダーとキーワード選定は切っても切れない関係です。
後日、改めてこの話をしましょう。

報酬は自由に決めちゃいましょう。

■あすきっと的応用例

実は、私の本家サイトからは、直接サービスの販売ページはまだつけていません。
地元で地道に客集めをしています。

実際に人と会って打ち合わせし、頻繁に電話やメールでやり取りします。
いろんなツールの使い方も、足を運んでは教えます。
まだまだクライアントは少ないですが。


 インターネットのことを知らない、
 どうやってホームページを作ったらいいのかわからない、
 でも、扱っている商品には絶対の自信がある、

 (そして、ネットで仕掛けたら売れる!と私が感じたら、即アプローチ)
 
 
そういった会社に、ドメイン取得代行・サイト作成代行・MT設置代行・アクセスアップ(SEO/SEM)のコンサルを提案しています。

ついでに、本業(?)の会計システムコンサルもします。
 
 
あとは上に説明したように、ふるーい更新が止まっているダメサイトを、MTで新たに生まれ変わることのアドバンテージを力説し、サイトのまるごと更新を請け負っちゃうとかもいいかもしれない。

ほったらかしでなんぼ稼ぐ、というこのネット時代に逆らって、地道に時間の切り売り的な仕事を敢えてしています。
 
 
実費請求に加え、私のコンサルの成果から上がる売上の一定パーセントを報酬としていただく、というカタチにしているのです。

仮に、月商500万円を売り上げ、報酬率を10%とすると、月に50万円が入ってきます。
500万円の売上というのは、大変そうに感じますか?


個人でアフィリエイトしているのであれば、500万円稼ぐのは大変なことです。
でも、もし10万円アフィリエイトで稼ぐことができていれば、報酬率を2%と仮定すると、500万円の売上に貢献していることになります。
 
 
つまり、10万円アフィリエイトで稼げる人は、商品を500万円分売り上げる力があるのです。
それだけの力があれば、その力を企業向けのコンサルに向けたら儲かります、きっと。


軌道にのったら次のクライアントに手を広げていき、そしてクライアントの数を10社以内に抑えて、彼らの売上アップに本気で取り組みます。

クライアントが儲からなければ私も儲かりません。
10社以内とするのは、本気でサポートできる限界だと思うからです。


■まとめ

 ・無料ブログから始めた人も、行き着くところはMT。
 ・コンサルのネタはごろごろその辺に転がっている。
  ネット+リアルで攻めるべし。

 アフィリエイト 
   +
 自分の商材
   +
 コンサルティング


こんな形になると、強力ですし理想でもあります。
そういう人はたくさんいますしね。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2