300万円の棺おけ

ある会計士さんから聞いた話です。


とある葬儀会社の社長さんが亡くなって、社内で盛大な葬儀を行うことになりました。

なんと、そのご遺体のために、300万円もする豪華な棺おけを作ったそうです(たしかそんな値段だった)。


300百万円???

   さんびゃくまんえん!

300万円の棺おけ。
 
 
 
■そしてうわさは広がる

とんでもない葬儀をしているらしい、

そんなうわさはすぐ流れます。
なんといっても、300万円もする棺おけを作ったんですから。
 
 
火葬場で灰になる運命の棺おけ
しかもその費用は300万円
 
 
その話は、廻りめぐって税務署職員の耳にも届きます。
 
 
 「ほほう、300万円の棺おけねぇ。」
 「調べにいきましょうか」

 
 
 
 
■300万円の経理処理は「広告費」
 
 
税務調査が始まりました。
 
 
税「なんで300万円も使ったの?」

葬「先代の社長ですから、それなりに盛大にやらないと、、」

税「経理処理はどうしましたか?」

葬「あれは広告費として処理しました。」

税「こうこくひぃ?」


税務署としては、利益を不正に小さくしたような経理操作を疑っていました。
もしそうならば、さらなる課税ができるのです。

そして、返ってきた答えは「広告費」。
 
 
   ? ? ?
 
 
 
葬「なぜ300万円の棺おけのことを知ったのですか?」

税「いや、うわさが街中に相当広がっていますよ、お宅の会社ですごい棺おけを使って社葬したって」

葬「あなたの耳に入ったということは、それだけウチの会社の広告効果があった、ということですよね!」

税「そ、そうなりますね」

葬「街中にうわさが広がったということは、300万円かけてもわが社の宣伝ができたと言うことになりますよね。」

税「そ、そうですね、、、広告費ですね。。。」
 
 
 
ということで、葬儀会社の勝ち!
 
 
 
 

■まとめ

 ・経理処理を理論的に説明できるなら、税務署は怖くない

 
 


◇   ◇   ◇   ◇   ◇

300万円の棺おけ、、、
経理ネタとしてはおもしろい話です。

でも、、

自分の葬式に、そんなモノは要りません。


仲のいい友人が2人集まってくれたら十分です。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2