青色申告を申請しよう

前回、個人事業主の届出の方法を書きましたが、今回の青色申告の届出と一緒にしましょうね。
手間が省けます。

■青色申告とは?

青があれば、他の色もあります。
白です。

実は、個人事業主には、進化の過程があります。


  白 
 (個人事業主の届出をすれば、自動的にこれ)

  ↓

  青10 :10万円の所得控除
 (さらに、青色申告の申請をして、現金主義だとこれ)

  ↓

  青65 :65万円の所得控除
 (青色申告の申請をして、発生主義だとこれ)

「現金主義」とか「発生主義」とか、経理用語が出てきましたが、何のことやら??ですよね。
後日、わかりやすく説明しますので、少々お待ち下さい。

面倒なので、白色申告の説明はなし。
だって、どう考えてもメリットが薄いのですもの。

当然、私がオススメする経理テクに、「白色申告」が登場するスキマはありません。
ですので、白からスタート、みたいな回り道はせずに、一気に「青65」を目指します。

で、青色申告ですが、複式簿記の仕組みで記帳すれば、それだけで10万円の所得控除が受けられます(これが「青10」)。

さらに、要件を満たせば、65万円の控除が可能です。

これがいわゆる「青65」と呼ばれるものです。
要件というのが、発生主義と呼ばれるものです。
(後日説明)


これだと、所得が65万円以下の人は、税金を払わなくてもいいのです。

■複式簿記とは

お小遣い帳のように、現金の出し入れに着目する方法が、「単式簿記」。

これに対して、現金・売上・費用・売掛金など、いくつかの元帳(もとちょう)を管理し、これらを取引ごとに複数の帳簿に書き込んでいく方式が「複式簿記」。


英語だと、ダブル・エントリー・システム。
(↑なんか、カタカナにするとカッコイイ響きですね)


取引には、全て相手勘定があるということです。

これにより、1年間になされる数百〜数万枚の伝票が、十数個の元帳にまとめられ、やがて2枚の紙にまとめられます。

その2枚の紙というのが、「貸借対照表」と「損益計算書」。
これを見ただけで、会社の状態がわかっってしまいますから、複式簿記の力はすごいんです。

以下が、開業時に税務署に届ける2つの用紙です。


ひとつは、開業届出書(前回説明)。
もうひとつは、青色申告承認申請書(今回説明)。

■「青色申告承認申請書」の記入内容です。

フォームは、国税庁のHPからダウンロードできます。
コチラから。


●納税地        
    住所地に○、住所を記入

●上記以外の住所地・・ 
    空欄

●氏名・生年月日    
    説明省略

●職業         
    「開廃業等届出書」に同じ

●屋号         
    アルファベットが混じっても可

●1.事業所又は所得の基因・・
    名称は屋号、所在地は住所と同じ(自宅でやるから)

●2.所得の種類
    事業所得に○。

●3.いままでに青色申告・・
    「無」に○。

●4.本年1月16日以後新たに・・
    開始日を記入

●5.相続による事業承継の・・
    「無」に○(相続してないでしょ)

●6.その他参考事項
    (1)簿記方式:「複式簿記」に○
    (2)備付帳簿名:現金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、
      固定資産台帳、総勘定元帳、などに○

 手形取引なんてやってるような会社は今のご時世まずありません
 ので、手形記入帳は要りません。
 現金式簡易帳簿なんてのも、さらさらヤル気がありません。
 のこりの項目全部に○つけておけば、まず大丈夫でしょう。

提出先は、管轄の税務署です。
個人事業主開業届と一緒に提出しましょう。
これでアナタも個人事業主です!

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2