個人事業主になろう

個人事業主は、自分でビジネスを始めたばかりの人が、一番初めに考える形態です。
規模が大きくなれば、法人にすることになるでしょうが、やはりはじめは個人事業主です。
税金のことで悩むぐらい稼ぐようになったら、法人成りを考えてもいいでしょうが。

実際、サラリーマンの場合、給与以外の所得が20万円を超えれば確定申告が必要になりますが、個人事業主として、「ビジネス」をしているとなると、納める税金を少なくすることが可能です。


簡単な例ですが、仮に1年で100万円のアフィリエイト収入があ
り、パソコン通信や関連書籍、セミナー参加費用、取材費、交通費、
交際費、などで35万円の費用がかかったとします。
つまり、手元に残る利益は、65万円。

この場合、個人事業主として登録し、かつ、「青色申告&複式簿記
で記帳(後日説明)」を採用していると、


    支払う税金は、ゼロ円になります。

■はじめに準備すべきこと

今回は、個人事業主の登録手続きを説明します。
このメルマガは、保存しておいた方がいいかもですよ。
(サイトにカテゴリわけして整理しますけどね)


まず、税務署に、2つの用紙を提出します。


ひとつは、開業届出書(今回説明)。
もうひとつは、青色申告承認申請書。


2つめの青色申告承認申請書は、必須ではありませんが、僕が推奨
する経理テクを存分に発揮し、かつ最大限の節税をするつもりであ
れば、提出しておきましょう(後日説明)。

■「個人事業の開業等届出書」の記入内容です。

フォームは、国税庁のHPからダウンロードできます。
http://tinyurl.com/qxsby

基本的に、小規模ビジネスかつ一人で行う事業、を前提にします。
参考にしてみてください。


●納税地        
    住所地に○、住所を記入

●上記以外の住所地・・ 
    空欄

●氏名・生年月日    
    説明省略

●職業         
    「事業の概要」と矛盾しない仕事を書く

●屋号         
    アルファベットが混じっても可

●届出の区分      
    開業に○

●開廃業日       
    開業日を記入

●事業所等を新増設・・ 
    空欄

●廃業の事由が・・   
    空欄

●開廃業に伴う届出書の提出・・ 
    青色申告は「有」、消費税は「無」に○

●事業の概要     
    ネットでビジネスなら、「インターネット事業」のような
内容でOK

●給与等の支払状況  
    「計」に0を記入(一人ビジネスなので)


提出先は、管轄の税務署です。
次回は、青色申告承認申請書についてです。

■節税して、かつ経理をラクにするテク


 + とりあえず、個人事業主の届出を税務署にする
 + 固定資産は一切持たない
 + 現金勘定は持たない
 + 買い物は、すべてクレジットカードで
 + 経理の作業は、月末のみ行う


順次、説明していきますね。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2